こんなマンション管理会社は変更するのがおすすめ!よくある解約理由

こんなマンション管理会社は変更するのがおすすめ!よくある解約理由

管理の質と管理費が割りに合わない

マンション管理の質やサービスが悪いのに管理費が高い場合、マンション管理会社の変更を検討したほうが良いかもしれません。管理費が割高だと、入居者から徴収する毎月の修繕費も高くなり、クレームにつながります。

管理費は、共用部分の電気代、建物の清掃代や修理費、火災保険料などを考えて決定されます。マンションが広く戸数が多いほど、管理費が高いでしょう。管理が行き届いていないと感じ、管理費が高いと思ったなら、マンション管理会社の変更を考えてみるのがおすすめです。

担当者の対応スピードが遅い

マンション管理は、建物の清掃やメンテナンスの他に、建物の修繕工事も管理業務として必要です。人が住めばだんだん汚れて劣化し、不具合が発生し、修繕箇所が発生します。

管理会社に修繕を依頼しても、なかなか修繕してくれない、担当者の対応が遅い、反応が薄いとなれば、マンション住人からクレームがくるでしょう。清掃やメンテナンス、そして修繕依頼しても対応が遅い場合には、スムーズに対応してくれるマンション管理会社に変更したほうが良いかもしれません。

空室を放置される

マンションに空室が発生したとき、空室対応や対策の提案を行わない管理会社も少なくありません。このような管理会社は、空室に対してどのように対応してくれるのかと問い合わせても、適当な返事しかしないことが多いです。もちろん空室が長引けばそれだけ空室から収入が入らない期間が長引くので、すぐに管理会社を変更した方がよいでしょう。

理想は、空室が発生したら空室が出る理由を明確にして、対策してくれる管理会社と契約することです。