東京のマンション管理業者に委託できる業務とは

東京のマンション管理業者に委託できる業務とは

事務管理業務

東京にはたくさんのマンションがありますが、マンションの多くがマンション管理業務会社に業務を委託しています。マンション管理業者に委託できる業務はさまざまな種類があり、内容を知っていなければあとで困ることになるかもしれません。そこで、マンション管理業者に委託できる業務について簡単に紹介します。

まずは、事務管理業務です。管理組合の会計管理、マンションの維持・修繕の企画または実施の調整などの基本的な事務作業を行います。

建物・設備管理業務

次に、建物自体の設備や管理を行う業務があります。マンションにはエレベーターや浄化槽、給水設備、消防用設備といったさまざまな設備があります。普段は何気なく生活しているかもしれませんが、これらの設備が正常に機能しないなら生活に支障をきたすことにもなりかねません。

普段から建物や設備の点検はきちんとしておかなければならず、それを建物・設備管理業務として依頼することができるのです。

管理人業務

マンションによっては管理人を置いているところもあります。管理人が受付にいることによって、点検に来た業者とスムーズにやり取りができたり個別に立ち合いをする必要がなかったりもします。また、マンションの住居者への必要な連絡事項があった時の連絡係としても管理人は活躍してくれます。

受付に常に人がいるので、特に女性は防犯面で安心することができるはずです。

清掃業務

マンション管理のなかでも、清掃業務は委託しているというマンションは多いかもしれません。簡単な清掃業務であればマンションの住人が行うこともできますが、定期的な清掃や大掛かりな清掃の場合、清掃業者に委託した方が効率よく行えるからです。

清掃業務を委託することでマンションの一定基準の清潔さを保つことが可能となります。