札幌市で不動産経営するなら!マンション管理会社への業務委託方式の種類を知ろう

札幌市で不動産経営するなら!マンション管理会社への業務委託方式の種類を知ろう

管理会社に委託しない自主管理のリスク

札幌市で不動産経営する場合、マンション管理会社に業務を委託すると便利ですが、自主管理で行う人もいるでしょう。もちろんマンション経営は自分でもできますが、リスクもありますので注意が必要です。

管理会社に委託しない自主管理のリスクは様々ですが、その中でも大きいのが空室リスクになります。

賃貸マンションに一度空室が生じてしまうと、実際に入ってくる収入にも大きな影響を与えることになってしまいます。マンション管理会社のような保証がないからです。

全部委託方式のメリット・デメリット

札幌市で不動産経営をお考えの方の中には、マンション管理会社に全ての業務を委託すると便利ですが、自主管理で行う人もいるでしょう。

このように管理会社に業務の全てを一任する全部委託方式には次のようなメリットがあります。まずは、管理会社が運営してくれますので、入居者の手続きなどの手間が少なくなる。

また、管理会社が新しいサービスなどを紹介してくれますので、自ら情報収集する必要がないことや、売主が管理会社と協議して決めてくれるなどがあります。

デメリットは管理会社に任せきりになることです。管理業務に関する全てのことを管理会社が行ってくれますので、管理会社主体の管理になりがちです。

一部委託方式のメリット・デメリット

札幌市のマンション管理会社に業務を一部委託する方法もあります。こちらは、管理組合でできることは管理組合で行いつつ、できない管理は業者に委託するという方法です。

一部で、効率の良い管理が可能になれば、その分費用等が安く抑えることが可能になりますし、業者が入ることで発生する中間マージンが発生しない管理も可能な点がメリットです。

デメリットは管理組合でそれらを決定する場面が発生するため、少なからず手間が発生する点でしょう。